2017年08月17日

エイジ

読みました。「エイジ」。

中学生の心の闇を描いたのかな?普通の中学生の鬱屈した感情が解った、というか、思い出したというか。そんな感じ。初恋の甘酸っぱい感じとかもあるし、全編、闇を描いたっていうのとも違うけど。

爽やかであるはずの部活動とかでも、実際にこんな無視ってあるんかな?って思うけど、多分あるんでしょうね。怖いですね。

まぁ中学生に限らず大人でもイジメや無視ってあるからね。そういうことが目の前で起こった時、ワタシならどうするんやろ?って考えさせられました。答えは出ないけどね。

人の心の暗い部分のことを考えるきっかけになる小説だと思いました。

posted by マコト at 21:43| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

ネルシーニョ監督 解任

はぁ?何で解任すんの?

けが人が多くてベストメンバー組めない事がいつものシーズンより多かったけど。それでも8月で11位やったらいつものシーズンと比べてもそんなに悪くないと思うけど。いや、けが人多い事を考えたら、「よくやっている」部類に入れてもおかしくないかも。

でも、解任なんだね。残念。ちゃんと説明してくれよな、って思う。いつもスタジアム観戦するよう熱心なサポーターでもないけど。地元愛、チーム愛ってあるんだよっ!!

それに一致団結とか言う割には、フロントと現場のチームの一体感は無さそうな気がするし。今年の夏の補強は失敗だね。ゲームを組み立てられる中盤のMFが必要だと思うんですが。ま、ワタシはシロートなので・・・。

で、これからどうなるの?新しい監督が来るの?吉田暫定監督もこのタイミングでプレッシャーもあるやろうけど、がんばってください。できるだけ、スタジアムに行って応援しようと思いました。

しかしやっぱりネルシーニョ解任は残念だ・・・
posted by マコト at 18:02| Comment(0) | サッカー | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

小太郎の左腕

小太郎の左腕、読了。

主人公の林半右衛門もカラッとしていてカッコ良い感じやった。物語の結末はこうやったけど、これ以降は小太郎の存在そのものが戦の原因になってしまうような気がする。やっぱり、「人並み」にならなかった方が小太郎にとっては幸せやったような気がするな。そう考えると切ないなと思った。ちょっと考えさせられる作品でした。

「のぼうの城」「忍びの国」が面白かったのでって事でこっちも読んでみる事に。でもちょっと物足りなかったような気が若干します。戦国時代のエンタメ小説としてはそれなりに楽しめました。



posted by マコト at 07:25| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。