2020年09月13日

ブラックライダー

「罪の終わり」を読んで、また読みたくなりました。

ブラックライダー。

未来の西部劇。バードとコーラ、ステキやわ。かなりのバカップルやと思いますが(笑)。レイン兄弟。みんなカッコイイ。特に長兄のガイがクールでカッコイイ。戦争で亡くなってしまうのがちょっと残念ですが。

このガイ・レインが亡くなったと聞いて、バード・ケイジ保安官も悲しんだという。

スピンオフ的にバードとガイ・レイン(とイジー・レイン)がドンパチやるスピンオフ的な物語が読みたいな、と思いました。

あとはジョアン・メロヂーヤ。何もしない救世主。意図せずに救世主になってしまった(?)のは「罪の終わり」のナサニエル・ヘイレンと同じですね。やったことは全く違うけど。

この小説は東山流の神話だと思いました。

しかし、読みにくかったです。登場人物も多いし。でも2回目やったので、初見の時よりもスラスラ読めたと思いますが。物語は面白かった。「罪の終わり」の続編(?)がもしも出たら、ブラックライダーも、また読むと思います(笑)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックライダー(上巻) (新潮文庫) [ 東山彰良 ]
価格:737円(税込、送料無料) (2020/9/13時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックライダー(下巻) (新潮文庫) [ 東山彰良 ]
価格:825円(税込、送料無料) (2020/9/13時点)


posted by マコト at 09:09| Comment(0) | | 更新情報をチェックする