2020年10月10日

日本vsカメルーン

代表戦やってましたねぇ。

カメルーン戦。結果はスコアレスドロー、0-0でした。

いやぁ、退屈な試合でした。選手はがんばっていると思うんですが、選手の起用とか交代とかを含めたベンチワークが相変わらずで。ちゃんと指示してる?って疑問に思いました。ボールに集まりすぎ、ボールを奪ってからの決まり事がない、など攻撃の形が見えなかったな。

この試合の良かった所と言えば、ディフェンス陣ががんばって無失点。あと伊東のスピードのある突破と久保の最後のFKぐらいで。あ、ヨーロッパのクラブ所属の選手だけでチームを組めるようになったのは良かったと思いました。

ただ、森保監督でホンマにオリンピック出るの?って感じです。まぁオリンピック自体も開催するのか、まだはっきりしない感じですけどね。選手は全員ヨーロッパ組ですが、監督は国内組・・・・。

カメルーンの方が楽し気なサッカーをしてました。ゴールこそなかったけど、ワンタッチ、ツータッチでテンポ良くボールが回って。フィジカルあっての前提だと思いますけど。日本代表も楽し気な試合をしてほしいと思いました。っていうか、森保監督のやりたいサッカーが全く見えない試合でした。

posted by マコト at 06:09| Comment(0) | サッカー | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

ホワイトラビット 伊坂幸太郎

ホワイトラビット、読了。

群像劇で誰が主人公なのか、イマイチはっきりしませんが、ワタシも大好きな黒澤さんが出ています。あの(どの?)黒澤さんです。

誘拐を生業にしている兎田が押し入った家に、空き巣に入っていた黒澤さんが巻き込まれるストーリーなんですが。黒澤さんは、今までの作品同様、冷静でカッコいい。まぁ、空き巣狙いの泥棒ですが(笑)。

黒澤さんの同業者の今村もエエ味出しているし、警察の夏之目課長も大事な役どころやし。夏之目課長も清廉潔白でもないので、これまたややこしい(笑)。

オリオン座が大好きなオリオオリオ、と言う登場人物がいるんですが、これがどこかで黒澤さんと入れ替わるんです。これが解らなかった。それはちょっと悔しい(笑)。それ以外は良く出来ているストーリーです。

全体的に色々と話がややこしいので説明が難しいです(笑)。

伊坂作品の「ラッシュライフ」に雰囲気が似ているなぁ、と思いました。ワタシの印象ですけど。

そう言えば、ラッシュライフにも黒澤さんは登場していましたね。

面白かったです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホワイトラビット (新潮文庫) [ 伊坂 幸太郎 ]
価格:737円(税込、送料無料) (2020/10/9時点)


posted by マコト at 12:39| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

ヴィッセル神戸 三浦アツ監督

ワタシが初めてスタジアム観戦したのは、ヴィッセルの1回目のJ2のシーズンの試合でした。

三浦アツが選手として、バリバリやっていた時です。その時、アツはキャプテンでした。

そのキャプテンだったアツが、今度は監督に。GM的な立場でチームに戻って来ていたのは知っていましたが、現場に戻って来て監督、って言うのを見て、あぁアツが戻ってきたって思いました。

でも、不安もありましたよ。指導歴はナシ、やったみたいやし。イニエスタとかサンペール、フェルマーレンのようなワールドクラスをちゃんと指導できるのか?とか。

吉田タカユキも監督になって(しかも2回も!)、成績不振からの解任、みたいなことがあって。ちょっとそれは不憫やろ、って思ったので、アツもそうなったらイヤやなぁと思っているんですが。

でもアツが監督になって3連勝、チームとしては4連勝。リーグ戦4連勝は3シーズンぶりのことなんだそうです。ってことは好調ってことですね。

中位からもっと上に行けるチームになって欲しいと思います。今年のシーズンは降格がないから思いっきり出来そうですしね。
posted by マコト at 15:35| Comment(0) | サッカー | 更新情報をチェックする