2018年07月28日

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー、読了です。

何だか不思議な話です。小っちゃい「オニ」を操って(それもオニ語で)戦いごっこであるホルモーをする、大学生のストーリー。何のこっちゃ?なんですが読んでいるうちに話にグイグイ引き込まれて。

ホルモーをする代替わりがあるんですがその代替わりをする儀式「代替わりの儀」を読んだ時、大爆笑!!電車の中で久しぶりに読書で爆笑してしまいました(笑)。ちょっとハズかった・・・。でもそれぐらい面白い話で。

ホルモーが特殊なんですが、それ以外は至って普通の大学生。主人公の安倍の友だちの高村くん、良い味出してる(笑)。チョンマゲにしちゃって。

あと、凡ちゃんこと楠木ふみが覚醒して。ホルモーも。女子としても。ここら辺はストーリーの山やったような気がします。

一言でまとめると青春(と恋愛少々の)ファンタジーって事になりますが、そのイメージの範囲は越えていると思います。面白かった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鴨川ホルモー (角川文庫) [ 万城目学 ]
価格:604円(税込、送料無料) (2018/7/28時点)


posted by マコト at 20:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください