2018年12月11日

また、同じ夢を見ていた

読了しました。

ワタシにとって、この小説は今年のナンバーワンかもって思いました。面白いっていうとちょっと違うんですが、とてもとても感動しました。感動作。

ストーリーを一言で言えば、少女が幸せについて考える。

ってコトだけなんですが。

主人公の少女が幸せについて考える過程で、不思議な人たちと出会う。その不思議な人たちは、実は未来のその少女の姿で。でも、その人たちはその時はある種の不幸を背負っていて。少女と交流しているうちに、少女に助けられ救われる。そしてまた、少女も未来の自分に助けられ導かれる、みたいな感じです。

って書いてもこの小説の良さが何一つ伝わらんなぁ・・・(笑)。

まぁ良かったから、是非とも読んで下さい。
日本語を読める全ての人にお勧めしたい(笑)。

posted by マコト at 05:30| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください