2019年08月29日

恥ずかしがらずに便の話をしよう

読みましたよ~。
この本、読む時は出来たら一人の時の方が良いかも知れません。だって、タイトルがコレやし(笑)。

ワタシも電車では読めませんでした(笑)。恥ずかしくて。

でも、大事な事がいっぱい書いてました。

善玉菌と悪玉菌のバランスの話とか。
便秘や下痢の話とか。
腸は第2の脳としての役割があるとか。

ワタシが興味あったのは、腸が第2の脳の役割がある。ということ。

腸には大脳の次に沢山の神経細胞があって。仮に脳からの指令がなくても、腸が自分で判断して、動かす事が出来るそうなんです。えぇ?って感じです。

幸せホルモンである、セロトニンという脳内物質は9割以上、腸で作られている説もあるそうで。

あと、腸はストレスに弱くて、ストレスを感じると働きが悪くなるそうです。ストレスを感じるとストレスホルモンが出て、交感神経が優位になるから。腸は副交感神経が優位の時によく働くんだって。

なるほど。

また、ストレスが増えると悪玉菌が増えて、悪玉菌が増えるとストレスも増える。悪循環。

なので、腸を大事にするとは、ストレスが少ない生活をするという事です。

お腹の調子を良くするためにも、善玉菌を増やす食べ物をいっぱい食べて。カラダを冷やさないように気を付けて。軽い運動をして。

って事に取り組めば良いんです。

ちょっとハードル高いかも、ですけどね(笑)。

他にも役立つ事がいっぱい書いてあるので、興味があれば読んでみて。


posted by マコト at 12:59| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください