2019年12月19日

QJKJQ

読みました。

予想していたストーリーでは全くなかったんですが、面白かったです。

主人公の一家は殺人鬼四人。主人公の亜李亜(ありあ)の兄が殺されて。その復讐劇かな?とか思ったんですが。違う。

もっと普遍的な家族とは?生きるとは?命とは?みたいなテーマの話だったとワタシは思いました。

意外でした。

この亜李亜の父親がかなりイカれた父親やったんですが、娘に対する愛情みたいなものを貫いたんやな、と思います。

殺される描写がかなりグロいので好き嫌いが別れるとは思いますが。ワタシもグロい描写がキツくて、最後まで読めるか心配やったんですが、何とか読めました(笑)。

殺人鬼一家っていう設定に過度の期待がなければ楽しめると思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

QJKJQ (講談社文庫) [ 佐藤 究 ]
価格:836円(税込、送料無料) (2019/12/19時点)


ラベル:佐藤究 QJKJQ 小説
posted by マコト at 22:05| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください