2020年10月08日

ホワイトラビット 伊坂幸太郎

ホワイトラビット、読了。

群像劇で誰が主人公なのか、イマイチはっきりしませんが、ワタシも大好きな黒澤さんが出ています。あの(どの?)黒澤さんです。

誘拐を生業にしている兎田が押し入った家に、空き巣に入っていた黒澤さんが巻き込まれるストーリーなんですが。黒澤さんは、今までの作品同様、冷静でカッコいい。まぁ、空き巣狙いの泥棒ですが(笑)。

黒澤さんの同業者の今村もエエ味出しているし、警察の夏之目課長も大事な役どころやし。夏之目課長も清廉潔白でもないので、これまたややこしい(笑)。

オリオン座が大好きなオリオオリオ、と言う登場人物がいるんですが、これがどこかで黒澤さんと入れ替わるんです。これが解らなかった。それはちょっと悔しい(笑)。それ以外は良く出来ているストーリーです。

全体的に色々と話がややこしいので説明が難しいです(笑)。

伊坂作品の「ラッシュライフ」に雰囲気が似ているなぁ、と思いました。ワタシの印象ですけど。

そう言えば、ラッシュライフにも黒澤さんは登場していましたね。

面白かったです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホワイトラビット (新潮文庫) [ 伊坂 幸太郎 ]
価格:737円(税込、送料無料) (2020/10/9時点)


posted by マコト at 12:39| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください