2021年10月25日

2021年 J1リーグ 第33節 名古屋グランパスvsヴィッセル神戸

名古屋、前回に対戦した時よりも、カウンターが鋭くなっとった。前半5分と14分に失点。

ぬ~。

名古屋は守備のチームって印象でしたが、この試合は名古屋がカウンターを仕掛けることが多かったのでそうでもなかった。神戸はボールを持っているのか持たされているのかってイメージでした。ただ、神戸も攻撃が出来なかったことはなく、むしろ最近の試合では撃ったシュートは多かった部類の試合やと思いました。

名古屋GKのランゲラックはスーパーGKでした。他のGPやったら、最低あと2点は入っていたと思われる。

神戸のゴールはよっちとイニエスタ。

左コーナーキックをフェルマーレンが落としてよっちが押し込む。ヘボいシュートやったんですが(笑)、決まってよかった。

もう1点はよっちが獲得したPKをイニエスタが落ち着いて決めて。

2-2のドロー。

内容的には勝てていた試合やと思うけど、試合の展開が。序盤に2失点が痛かった。ただ、3位争い直接対決で負けていた試合をドローにできたのは良かったと思います。

武藤はとても頼りになる存在やなぁ、と思いました。

インタビューのとき、誰とじゃれとったんかが、気になります(笑)。
posted by マコト at 06:02| Comment(0) | サッカー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください