2021年02月18日

映画 名も無き世界のエンドロール

観て来ました。

映画「名も無き世界のエンドロール」。

この原作の小説を以前読んで、なかなか面白かった記憶があったので、確認?のために観ました。

ワタシの場合は小説が原作の映画を観てがっかりする事が多いんですが。

面白かった原作の映像化という意味で期待してないところと、ストーリー自体への期待とのせめぎ合い(笑)。

ま、小説を読んだのはかなり前で、忘れている事もいっぱいありましたけど。

この「名も無き世界のエンドロール」に関しては、映像化でがっかり、って事はなかったです。とりあえずOKレベルでした。

ただ、映画自体がわりと淡々としていて、盛り上がりに欠けていたように思いました。悪くはないんですけど、ちょっと残念やったと個人的には思います。もうちょい盛り上がったらなぁ、と思いました。

小説を読んでなくても観れる映画だと思います。原作の切なさは巧く描けていたと思います。
posted by マコト at 14:24| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

映画「鬼滅の刃 無限列車編」

やっとこさ観に行ってきました。鬼滅の刃の映画。

ワタシは「鬼滅の刃」に関しては完全にニワカです(笑)。去年までその存在すら知らなかったし。去年の年末のTVで始めて観たぐらいやったし。でもその年末のTVを観て面白そうやったので、たまたまその時既刊になっていた全巻を持っている知り合いがいたので。その知り合いに借りたりして。また自分でもちょっとずつ買い集めたりして。

ハマりました(笑)。でも、ニワカです。

で、この度無事に映画館に行ってきたのです。これ、公開されたのって多分10月頃ですよね。今2月。もう半年も劇場で公開されてるのか~って思います。ワタシが観に行った時も平日の割には、けっこう人いましたね。もう5回目!とか言っている人がいてスゴっ!って思いました。

が、5回も観たい気持ち、わかりました。観終わったら。結構、号泣(笑)。

皆さん、言っているように煉獄さんが素敵過ぎです。明るい。真っ直ぐ。強い。コミックを読んだ時は何で煉獄さんが死んでしまうんだ?と思ったんですが、映画でも同じように思ってしまいました。ストーリーも全部知っているのに(コミックではここは既読です)、泣いてしまうなんて。

敵役の猗窩座もちょっとカッコイイ。最後に逃げる所以外は、ですが。

なんか、観終わったらまあまあ放心状態でした。煉獄さん、もうちょっと生きていて欲しかったな、と思いました。

物語は続きますが、ワタシにとっては煉獄さんの死が最初のショックでした。

続きのストーリーも映像化されると発表になりましたが、映画なのかTVシリーズなのかはわかりませんが、楽しみにしています。それとコミックの方も、もうちょっとでコンプリートできるので、それもがんばらなくっちゃ。と思います。

こういうのを言ったり、書いたりすると「キメハラ」になってしまうかもなんですけど(笑)、マンガでも泣けるし、アニメ映画でも号泣できる鬼滅の刃はスゴイ。だれでも楽しめると思うので、是非、鬼滅の世界を楽しんで欲しいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鬼滅の刃 1(完全生産限定版) [ 花江夏樹 ]
価格:5747円(税込、送料無料) (2021/2/13時点)




posted by マコト at 10:19| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

パブリック 図書館の奇跡

映画の話です。

「パブリック 図書館の奇跡」、観に行ってきました。面白かったです。

主人公のスチュワートは司書で、図書館で働いているんですが、その図書館は日中はホームレスの人たちの居場所なんです。で、いつもなら夜になると退館してもらうんですが、その夜は寒波がスゴイという予報で。

ホームレス達は夜の居場所がない、って事で図書館を占拠するんです。と、言っても過激な暴力的な事をするのではなく、あくまでも夜の居場所を確保するために、なんですが。

これがだんだんと大きなニュースになって、人に知られます。

ホームレスの人たちは、ただ居場所が欲しいだけ、なんだと思います。ホームレスの中には退役軍人もいたので、若い頃に国の為にしっかり働いた人もいます。その働きに報いる何かが欲しかったのかな?なんて思いました。

で、スチュワートは図書館占拠の首謀者になってしまいますが、そのホームレス達の主張を行政の人たちに伝えます。なんだ、カッコイイじゃないか、と思いました。スチュワートはエミリオ・エステベスが演じていたのか。と思いました。オジサンになってもカッコいいな(笑)。

最後、ホームレス達の主張は聞き入れてもらえず、図書館を占拠していた人たちは全員、逮捕されてしまうのがちょっと残念でした。でも、自主的に全裸になって、無抵抗を表現したのは良かったのかな、と思いました。

図書館の奇跡、と言うサブタイトルの通り、奇跡と言えば奇跡やなって思いました。

メチャメチャ面白い映画でした。
posted by マコト at 15:56| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする